番外

 2018年リピの山


村岡城址、六万部山、高森城址
国上山

3月17日、3月25日 村岡城址、六万部山、高森城址
                                                                    
3月17日。
今年は2月にとんでもない大雪になったかと思ったら、3月は一転暖かい日が続いた。
あんなにたくさんあった雪があっという間にとけてなくなり、きっと今年の春は遅いに違いないと思っていたのに、もしかしたらいつもより早く草花が咲くかもしれないという状況になってしまった。
と、いうことで、3月もまだ半ばだというのにユキワリソウを探しにいつもの村岡城址に行ってみた。
行ってみたところ、見覚えのある自動車が駐車スペースに。
もしかしたら、abeちゃんかしらん。昨年もここでばったり会っているし。
ダンナが電話してみたら、なんと旦那様のパパさんがいらしているとか。会えるかなぁ。
赤門近くの駐車スペースからお寺を通らずに登るコースは今年もまだ工事中で行くことができないが、強行突破で登ってみた。
なんと途中から遊歩道がなくなって赤土が露出した状態になってしまっていた。
それでもなんとか遊歩道に復帰して、いつものコースを進む。途中のいつも雪がたくさん残っている場所にはまだ雪はあったものの、ほぼ雪解け完了状態で、今まさに咲こうとしているユキワリソウがそこかしこにあった。キクザキイチゲなどもすでに咲いている。
驚いたことにカタクリも花芽をつけていて、来週には開花しそうだった。
ということは、来週はユキワリソウとカタクリの競演になるんじゃないだろうか。

    
城址はまだそれほど咲いている状態ではなかったが、六万部山あたりはけっこうたくさん咲いている。
さらに歩くと、あ、パパさんだ。
久田城址まで行って戻ってこられたらしい。しばらく立ち話をして、来週はよさそうですねと言って別れる。
我々はもう少しだけ先に進んで海は見ずに戻ることにした。

    

今年も道の駅の先にある良寛の里でやっている吊るし雛を見て帰宅。吊るし雛展が有料になっちゃったのは、ちょっと残念だったかな〜。

   


3月25日。
17日にパパさんと会って、トントンと話が進んでabeちゃんパパさんと一緒にユキワリソウを見ることになった。
今回は高森城址から村岡城址に向かって進み、さらに久田城址まで行くコース。
2台自動車があるので、出発は高森城址の入口、ゴールは妙法寺だ。
待合場所の妙法寺では今日が初めてユキワリソウを見に来たのだというご婦人方に我々がガッツリ登山の恰好をしているので、大変なコースなのかと聞かれた。いやいや、お寺さんを通って渡り廊下の下をくぐって階段を登ればすぐに城址ですよ、と教えてあげた。
どこで情報を得たのかしらん。どんどんと村岡城址は有名になっていく。
でも、ユキワリソウの数でいえば、村岡城址は少なくなってきている気がするんだけど。
そんなワケで静かに歩けるコースを行ってみた。
高森城址、いや〜、ほっとんど人、いません。
それもそのはず、ほぼ整備されていないコースで、いったいどこから入ってどこに行くのか、まったく分からない状態になっている。
我々は何度か歩いているので、心配にはならないが、草ぼうぼうのこのコースに人が入ってくることはほぼないだろう。
おかげでものすごく静かで自由だ。ユキワリソウもそこそこありますよ。
この日の一番のユキワリソウはやっぱり六万部山かなぁ。みっちり咲いていました。
とても暖かな一日で、汗かいちゃいましたよ。
abeちゃん、パパさん、お付き合いいただき、ありがとうございました。

    

      

      
                                                                 ↑ページのトップへ


4月1日 国上山
昨年の末頃に旧友と食事をする機会があって、同じ年齢の女3人体力をつけなければ、という話になった。
さらに今年3月、その旧友と一緒に上京して関東在住の友人たちと会い、ますます歩きたいという話が盛り上がった。
いや、私はそれほど歩きたくないんですが。
俄然その気になった友人がユキワリソウを見たいと言い、それなりに県内の山と花を知っている身としては案内しません、というワケにはいかなくなった。でもなぁ、ユキワリソウの最盛期の角田山はほぼ観光地だし、弥彦山は花のきれいな八枚沢登山口は駐車するのが難しいし、明神沢コースは滝のあたりが初心者には危ないし。
南沢あたりはどうだろう、と思ったら、今年は雪が多くて、倒木や登山道の崩落もあると下見に行ってくれたダンナの言葉。
じゃあ、国上山そのものに上がって、南沢からの合流点あたりのユキワリソウを見てもらったらどうだろう。
国上山なら、道の駅くがみで集合して酒呑童子神社から登ることができる。そこそこの登山的要素もあって、初心者にはちょうどいい。
なーんて、ベテランぽく考えて友人2人を案内することになった。
いや、開けてみたら、私の体力がなくて、私がいちばんヘロヘロになりましたとさ。
酒呑童子神社から稚児道を通り、蛇崩れに向かう。けっこう長い道のりで、林道と交差しながら下ったりもする。
しかし、思ったよりも花がすごかった。カタクリ一面満開。しかも、キクザキイチゲがまざって咲いて、お花畑になっている。
こんなにカタクリが咲くんだ、国上山。
蛇崩れを過ぎると南沢の登りつめになるが、チラホラとユキワリソウも見られた。
さすがに時期が遅く、株で咲くものはあまりなかったが、初めてユキワリソウが自然に咲いているのを見た友人たちは大感激していた。
実は国上山の山頂に行く前に剣ケ峰に行ってカタクリの群生の真ん中でランチにする予定だったが、国上山の周辺で十分満足できたので、そっちには向かわずに山頂でランチにした。
たくさんの人が休んでいた。4月に入ったばかりというのに、20度以上になる日で、汗もかいた。
山頂からお寺に向かって下り、稚児道に入って酒呑童子神社に戻るのだが、ちょっと通り過ぎてもう一度稚児道のカタクリのお花畑に行って楽しんだ。
今年は一斉開花になるかもな、と思っていた早春の草花。友人たちが案内してくれと言わなければ来ることがなかっただろう国上山でその一斉開花を見ることができた。友人たちにきれいな花が見れたと感謝されたが、私も大感謝だ。よい一日をありがとう。


    山も花も初心者の友人たち。スマホで撮影に夢中。

      
  コバイモも咲くんですよ、稚児道。しかも、けっこう簡単に白いカタクリも探せるんですよ。

    
  キクザキイチゲは白や薄青が満開。カタクリに白いイチゲがまざって、お花畑。

 10時20分 酒呑童子神社より登山開始。  10時57分 林道合流点。  11時46分 蛇崩れ。  12時10分 国上山山頂、昼食。   12時50分 下山開始。  13時20分 国上寺。 14時25分  稚児道のお花畑撮影後、酒呑童子神社到着。






新潟の滝もくじ  ときどき週末温泉族になる  んがお工房の日本百名滝めぐり  掲示板