×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

番外

 の山

2008/5/17  新保岳(しんぼたけ) 標高852.2m 
年老いた飼い猫の容態が急変して、奇跡的に持ち直した翌日のことである。
持ち直してしまったら、ずっと猫を診ているというワケにもいかず、よく晴れた休日がもったいなくなった。
そこで、出発するには遅い時間だったが、かねてから行くつもりだった県北の山、新保岳に行ってみることにした。
この山の登山道入り口に向かう林道の途中に滝があるとセフコの森さんから教えてもらっていたこともある。
セフコの森さんの話だと、1時間ほどで登れる山だというし、であるなら、遅い出発でも登れるだろう。
そんなこんなで家を出たのがほとんど午前10時。のんびりにもほどがある時間だった。
12時20分 意外に長い国道の入り口からの林道をどんどんと登り、あ、あれがセフコの森さんが言っていた滝か!という滝を発見する。
本当に道のすぐそばにある。
思っていたよりも落差があり、道からすぐ見えるより上のほうに何段にもなっているのがわかった。
仮に「塩野町の滝」としたい。
(新保岳なので新保滝としたいところだが、新保川というのが日本海側に落ちているのでつけられない)
←これが滝と道の位置関係。
我が家のクルマが滝前の道に駐車ちゅう。
滝は、道の下を土管を通して流れていて、さらに下に向かって沢になって流れていた。
立派な沢滝で、水量によっては見ごたえもあると思うが、滝つぼが道のすぐそばすぎて、上手く写真におさめられない。
12時24分 滝から本当にすぐそばに駐車スペースがある。とりたてて駐車場のようにはなっていない。道が広くなった程度で、自動車が止まっていなければ、右の写真の車止めまで行ってしまうかも。駐車スペースからは1つカーブを曲がってすぐそこである。
赤い矢印の先に登山道入り口がある。
12時30分 仕度を終えて登山口へ。
げげっ、いきなり急な階段が出現。その先も右の写真のようにかなり急な斜面だ。
12時34分 ロープ出現。登りの時は使わなくても大丈夫だが、下りの時にあると安心なロープだ。
右は、入り口の階段を登り切った場所でなぐさめてくれたチゴユリ。
12時44分 急登にひいひい言いながら、やっと第一展望台(まほろば展望台)に到着。
展望台とはいえ、展望は右の写真程度。
新保岳の入り口、塩野町集落が見える。
第一展望台を過ぎると、ぽつぽつとオオイワカガミが見られ始めた。しばらく登ると、足元はオオイワカガミだらけになった。
この山のオオイワカガミはピンクが薄く、ガクも黄緑色をしていて、とても清楚な感じがする。
13時07分 第二展望台到着。
展望は右の通り。
ここからちょっと進むと、朝日村立塩野町小学校創立百周年記念の植樹がある。平成18年の植樹なので、まだまだ小さい。
第二展望台から少し下ってさらに進んで行くと、とても大きなブナの木の林になる。
人間がいるのがちょっと場違いに思えるほど、ブナの存在感が大きい。
ブナ林になる手前あたりからオオイワカガミの姿が見られなくなる。
13時20分 ブナ林と書かれたプレートのある場所に到着。山頂、と矢印はあるものの、距離も時間も書いていない。 県北の山の木は炭焼きなどに使用され、あまり巨木はないというが、新保岳は別。
とにかく、このブナ林は美しい。
13時30分 山頂到着。
我々の他には小さな男の子をつれた男性がいるだけ。男の子はとても元気がよく、あの急登でも疲れた様子が無い。
山頂は樹木が視界をさえぎる場所が多いが、その隙間から日本海を見下ろすことができる。
ちょうど木と木の間から空中に浮かんでいるように粟島が見えた。
別の方角からは、葡萄山や雪をかぶった朝日連峰が見ることができた。
14時13分 山頂での遅い昼食を終えて下山。親子はすでに先に進んでいたが、第一展望台の手前で追い越した。行きにヘロヘロになった急登は、帰りにはロープを頼りにおっかなびっくり下りて行く。
14時57分 登山口到着。さすがに下山は早い。駐車場には我々の自動車と親子の自動車だけになっていた。
気軽に登れる山ということだったが、意外にもオオイワカガミがたくさん咲いていたし、すばらしいブナの林も見ることができた。
短時間で登れる山だが、登山をしたぞ、という満足感がある。
遅い出発だったが、それでもまだ午後3時。
せっかく県北に来たのだから、瀬波温泉にでも入って帰ろうか。ついでに、今咲いているという瀬波の名まえをもらったスミレ、セナミスミレを見て帰ろうか。(温泉とスミレのレポはこちら
好天の土曜日、充実した一日になった。


新保山 
  最寄ICは、日本海東北自動車道中条IC。県道54号を利用して国道7号まで出る。国道7号を北上。村上市街を通り越し、道の駅朝日を通り過ぎ、しばらく走ると、塩野町地区に入る。早稲田という交差点を通り過ぎたら、ぼちぼち道の脇に出ている看板で町名に注意しているとよい。右側に塩野町小学校の校舎が見えたら、注意深く右折できる小道をいちいち見ていよう。新保岳入り口という小さな看板が出ている小道がある。お弁当屋の建物のすぐ向こうだ。そこを左折。そこから先は林道で、3キロ少し走ると登山口らしい場所になるが、「登山口は3.5キロ先に移動しました」という看板がある。ここから登れなくもないが、駐車スペースは少ない。案内どおりに3.5キロ林道をさらに走る。かなり高度を上げる。レポ最上段の沢滝が見えたら駐車スペースはすぐそこである。10台以上止められそうだ。トイレは無い。登山口はさらに林道を20メートルくらい歩くと右側にある。


新潟の滝もくじ  ときどき週末温泉族になる  んがお工房の日本百名滝めぐり  掲示板