×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

番外

 の山

2010/9/26  守門大岳 (1432.4m)  
秋になると、めっきり休みが少なくなる私の職場。
ということで、この週は日曜日しかお休みではなかった。しかし、秋の長雨が続く中、日曜日に珍しく晴れマークがついている。
これはどこかに行かなければ。
しかし、疲れがなかなか抜けない昨今、あまりハードな登山はできない。せいぜい登り2時間くらいがギリギリの線である。どこかに近くていい山はないかなぁ。
つらつらと登山ガイドをめくっていて、いい山を発見した。守門岳である。
実はこの守門岳、我が家の初本格的登山の記念すべき山であるが、初がつくがゆえにヘロヘロになってしまったイヤな思い出しかない山だ。
その時は二口から登ったのだが、そっちからだと確実に5時間はかかる。日曜の登山としては我が家には不向きだ。
ところが、保久礼から登ると、大岳までなら2時間、ちょっとスケベ根性を出して袴岳まで行ってもプラス1時間半なのだ。登山口までの自動車での距離も我が家からそれほど遠くないし、体力次第で目的地を選べるし、実に日曜登山向けの場所ではないか。
そんなこんなで決定した。
ところが、である。
我が家から保久礼までは、以前に行ったことがあって、栃尾市の刈谷田川ダムから先に進み、母川沿いの林道から保久礼まで進んだ。
刈谷田川ダム沿いの道は工事中であることは以前からわかっていた。しかし、そこを迂回して、道院高原から母川沿いに出る道があることを知っていたので、てっきりそこから行けるものだと思っていたのだ。もちろん、そこを目指して進んだ。
ダメだった。キッチリと通行止めになっていた。
げ、どーすんの。
実は保久礼に行く一番マトモなルートは、二口登山口を通り過ぎてさらに先に行く林道だった。それを知らなかったのだ。どっちかというとマイナーなルートしか知らなかった。とにかくナビに保久礼の緯度経度を入れて、案内してくれる通りに進んだら、二口に来た。そこに保久礼登山口、と林道の先を指す矢印があった。
途中に自動車が5台以上止められて、徒歩で保久礼小屋まで行けるらしい広場があったが、そこは以前に来た登山口ではない。ナビの案内はそこで止まってしまった。
しかし、林道がさらに続いているので、とにかく行ける場所まで行くことにしたら、ようやく来たことのある駐車場に着いた。
ああ、着いたよ。よかったよかった。
実に予定より30分以上遅れての到着である。
しかし、30分であれば、登山を諦めるほどの遅れではない。
そそくさと仕度をして、登山開始だ。
9時45分頃、保久礼登山口駐車場到着。
ちなみに、「保久礼」は、よく守門に山菜採りに行く我が父ワイルドとーちゃんは「ほっきゅれい」と読んでいた。
駐車場にはトイレは無いが、登山道を少し下った場所にある小屋にトイレがある。
コンクリート舗装された作業道ではなくて、右側の砂利道を下るのが登山道。
9時50分、登山開始。
3分も歩かずに左に行くと保久礼小屋になる。
トイレとすぐそばに湧き水もある。
小屋に立ち寄らずに済む道もついているが、小屋からも登山道に復帰する道がある。
ここから先は、右写真のように階段状になっている。
あらま、整備されている道だわ、なんて思っていたが、この階段が長いこと。
15分ほど登ると、ちょっとだけ栃尾市街がわが眺望が開ける場所があり、階段が途切れるが、またさらに続く。
10時25分 キビタキ清水の看板をみつけて、左側にそれる。ほんのちょっとで清水に出た。甘い美味しい水だ。
キバナノアキギリがようやく咲き始めていた。
キビタキ清水から3分も登らずに、左にキビタキ小屋への道が分かれていた。100メートル先とあったので立ち寄らないことにした。
階段はキビタキ清水までで、そこから先は泥っぽい粘土質の道になる。滑りそうでちょっと怖い。
10時36分 守門大岳1.4キロ、50分の看板。
ここでキビタキ小屋からの道が合流していた。なんだ、キビタキ小屋に寄っても登山道に復帰できたのか。帰りにはこっちの道を利用してみよう。
10時41分 大岳1.3キロの看板。
11時04分 いきなり道の左が開けて、栃尾市街から新潟平野、弥彦の山並みが見渡せる場所に出た。
第二展望台という看板がある。大岳まで1.0キロ、40分だそうだ。
右写真は第二展望台からの眺望。
分かりづらいが、真ん中の横一文字の雲のすぐ下にうっすらと弥彦の山並みが見える。
いや、それにしても、見事なまでに新潟の山だ。
泥の道で、樋状にえぐられている。
この日はまだそれほど濡れていなかったので、泥だらけにはならなかったが、雨のあとなどは悲惨な目にあいそうだ。
そんな泥っぽい道のなか、たった1箇所だけかなりの数のモウセンゴケが両脇にある場所があった。右写真がモウセンゴケ。ちっちゃいですよ。
11時17分 ずっと1本調子の登りだったのだが、なんとなく平らな感じになったら、「ここは不動平です」と書かれた看板が出てきた。大岳まで0.4キロ。
時々右側に踏み跡が分かれていくのだが、道案内などは無かった。
どこに向かっているのかしらん。山菜採りの道かしらん。
不動平から先はゴロゴロした石が道にあってかなり歩きづらかった。
11時36分 やだなぁ、歩きづらいなぁ、と思いながら登っていたら、いきなり山頂に出た。
いや、ホント、いきなり。
最後の急坂とか、笹薮とか、山頂っぽい気配が全くなかった。
広くもないが狭くもない山頂には、「巣守神社」という石碑と祠、それに鐘があった。
袴岳まで30分との表示があったが、それは嘘だろ〜。1時間はかかるはずである。袴岳までの途中にある青雲岳の景色のいい場所で昼食という考えもあったが、往復2時間かかることを考えると、午後からの予定がつまってしまう。
この先は行かずに今日の登山は大岳で終わることにした。
袴岳方向に少し進むと、袴岳への稜線が見渡せる。
多分あの真ん中の一番高いのが袴岳じゃないかなぁ。
山頂からは弥彦山方面がよく見えた。
なんと、目をこらすと佐渡まで見えた。
だだし、写真には佐渡までは写らなかったけど。
大岳の山頂は、我々が登った保久礼からの道と、栃尾の入塩川からと下田の吉が平からの道が合流している。
吉ケ平からだとものすごい時間がかかるんだろうね〜などとおにぎりをほおばりながら話していると、なんとその道から人が登って来た。
やぶれた麦藁帽と農作業着のかなりのお年寄りで、「いや〜、吉ケ平から来たんだ」と言う。げ、ホントに登って来る人がいるんだ。
このおじいちゃん、1年のうち200日以上は山に登っていて粟ケ岳がテリトリーだと言っていた。
今日は吉ケ平からのルートが新しくなったので、試しに登ってみたとのこと。
2時間かかった、と言っていたが、おじいちゃんはベテランの山人だからなので、きっと我々なら倍以上かかるだろう。
おじいちゃんとしばらく粟ケ岳の三十三丈ケ滝の話などをして楽しく過ごさせていただいた。
12時30分 下山開始。
12時50分 不動平
13時19分 キビタキ小屋への分岐。帰りにはキビタキ小屋のほうの道を利用してみた。これがかなり急な下り坂で、小屋に用事が無い限りは使わないほうがいい道だった。
右写真がキビタキ小屋。小屋から登山道に戻るのにはそれほど時間がかからなかった。きっと100メートルもないと思う。
13時30分 キビタキ清水
13時53分 保久礼小屋
このあと、保久礼小屋の裏からコンクリート舗装された作業道に出てちょっと先まで歩いてみた。道は1キロも行かないくらいで無くなっていた。
14時07分 駐車場到着。

10時に登り始めて2時に戻る。山頂で小一時間のんびりしているのだから、1日しかない休みにはちょうどいい登山だった。
しかも、秋のよき日、眺望もすばらしかったし。
9月というと、花は終わり紅葉はまだという中途半端な時期なのだが、越後平野を見下ろすこの山からは刈り取られたあとの田んぼとまだ稲のある田んぼのパッチワーク状態が見られる唯一の時期である。これはこれでオススメの景観だ。
それにつけても、この登りやすいコースで、登りも下山もほぼ同じコースタイムの我々ってば・・・。どんだけ下山が苦手なのか。困ったものだわね〜。

守門大岳
  守門岳二口平登山道入り口
最寄ICは、関越自動車道小出IC。ここから国道17号に出て、小千谷方面に進むと国道252号の分岐になる。右折で国道252号に入り、守門方面に進む。
旧広神村を通り過ぎ、須原スキー場を通り過ぎ、かなり進むと、左折すると国道290号だという標識が出てくる。ここは左折。栃尾方面に進む。
そこからまた少し山間の道を進むと、右折すると二分であるという標識が出てくる。
手前に小さな酒屋さんがあり、曲がり角に「バスの回転場である」というような看板がある道である。
右折して二分へ進む。
集落を通り過ぎると、道は山を登る感じになる。段々になっている田んぼのあいだを曲がりながら進むが、小さいながらも登山口の案内道標が立っているので間違わない。少し狭くなった道をどんどん進むと、やがて駐車スペースにたどりつく。
トイレがあるし、何台も自動車が止まっているのですぐにわかる。駐車スペースを通り越して橋を渡った向こうにもさらに駐車スペースがある。
  保久礼登山口
二口平登山口からさらに林道を先に進んで行く。
しばらく進むとカーブの突き当たりの右手に5台ほどの駐車スペースがありここからも徒歩で保久礼小屋に行けるらしいが、ここは通り過ぎてさらに林道を進む。道は狭くなるが、どんどんと進んで行くと突き当たりに20台以上とめられる駐車スペースがある。
駐車場にはトイレはないが、登山道を5分ほど下った場所にある保久礼小屋にある。小屋には湧き水もある。
なお、こちらの登山口は栃尾市の刈谷田川ダム沿いから行くルートと道院高原から行くルートがあるが、2010年9月現在、工事中でどちらも通行止め。


新潟の滝もくじ  ときどき週末温泉族になる  んがお工房の日本百名滝めぐり  掲示板