新潟の滝119−2

 119-2

2012年1月29日厳冬期の明神沢の滝はこちらから
2015年3月8日早春の明神沢の滝Aはこちらから



明神沢の滝、早春
3月19日にこんな姿を見られるのは、
きっと珍しいことだと思う。
滝の両側が綺麗に凍っている。


下まで行って見上げる。
実はこのすぐ上を登山道が横切っている。
ってか、滝の上を渡るのだ。
雪割草のシーズンには渋滞する。



特徴的な斜めの岩盤を氷が覆う。
氷も斜めの階段だ。



もっとガチっと凍ったら、
かなり面白い造形になりそうだ。



やや下流から撮影。
斜めの岩盤がよく分かる。
が、雑木がうるさい。
この滝の全景を撮影するには
雑木の葉っぱな無い時以外ない。
2011/3/19  明神沢の滝、早春   新潟市
新潟の滝119で、宝川渓谷の滝たちの1つとして紹介した明神沢の滝だが、今回は1本の滝として紹介する。
と、いうのも、ちょっと珍しい姿を見ることができたからだ。
我々がこの季節に弥彦山に登るのは雪割草目当てなのだが、2011年はお彼岸の前に氷点下の冷え込みが2日ほど続いた。雪も降り、弥彦山は遠目に見ると真っ白になってしまっていたのだ。
これでは雪割草もまだまだ先かもしれない、と思いつつ、例年のとおり下見と称して宝川沿いを歩く弥彦山登山道田ノ浦コースに入った。
意外なことに、入ってすぐにキクザキイチゲなどが咲いていて、風も暖かく、雪は降ったけど草花はいつもどおりの咲き方なのかしらん、と思わせられた。
  
キクザキイチゲ。たくさん咲いていた。

  宝川の滝(仮)。相変わらず綺麗な水だ。
ほどなく、宝川の滝(仮)に到着。いつもどおり沢まで下りて滝にご挨拶してから、登山道を登って行く。冬の間まったく運動せずになまりきった体には緩やかな登りの道でもけっこうキツく感じられる。
やや行くと堰堤になるのだが、おやおや、風は暖かいのに、あの堰堤ったら、凍っているじゃないの。
  
分かりづらいだろうが、堰堤の氷。
冬枯れした雑木の向こう側の堰堤には見事なつららが貼りついていた。ここ数日の氷点下で凍った水が溶けていないのかしらん。
さらに歩いて行くと、沢の左岸のかなり高い位置には氷の壁のようなものも出来ていた。
  
これも分かりづらいだろうが、氷壁。
したたり落ちる水が谷を駆け抜ける風で冷やされて凍っているのだろう。
ものすごくアンバランスなものを見た感じだ。
登山道は沢の右岸を進むが、ちらほらと雪割草の葉っぱをみつけられるようになり、やがて気の早いものが咲き出しているのをみつけることができた。
こっちはもう春なのになぁ。
ちょっと目を転じると、氷の壁があるんだなぁ。
今回は雪割草が目的なので、最終地点は明神沢の滝ということにしていた。その滝が見える場所に来て、わあ、と声を上げることになった。
滝の両側が凍っている。
明神沢の滝が氷化粧しているのだ。
凍るんだ、この滝も。
今はもうお彼岸でその氷も半分くらいでしかないだろうが、厳冬期にはもう少しガッチリと凍っているのかもしれない。ただし、その時期にはスノーシューか何かを履かないと雪でここまで来られないとは思うけど。
珍しく氷点下の寒の戻りがあったために、我々は苦労なく凍る明神沢の滝を見ることができたのである。
雪もこの付近から多くなり、道を隠すようになってきていた。
ちょうど我々を追い越して行った登山者が昼食後に歩いていた我々にまた追いついて来て、8合目から先は雪で登山道が分からなくなっていて、登ることができなくなったので戻って来た、と言っていた。この滝から上はまだまだ真冬なのである。
さすがに寒いので、宝川の滝(仮)の少し上流まで戻り、昼食にした。
それからまた花を探して歩いて、気の早いカタクリやマンサクの花をみつけて、春と冬とを同時に味わうことができた。
  
  
  気の早いカタクリとユキワリソウ。
    
   マンサクとナニワズ。
交通
国道402号線沿いを日本海に沿って旧岩室村へと入る。新潟市方面から行くと観音様の立っている白岩とトンネルを通り過ぎて、海とは反対側の左側に田ノ浦温泉がある。少し手前から田ノ浦海岸の駐車場に入るように左折。駐車場のへりを通って、お店の角を左折。あとは川を右に見ながら坂を登って行く。
左手に休業中のレストラン、駐車場などがあるが、もう少し先まで進める。ロープで車止めしてある場所には数台の駐車スペースがある。
そこから先は「旧間瀬銅山道」を登って行く。
大きな堰堤までは比較的軽装でも行けるがそこから先は大岩などがごろごろする川を渡って滝前に出るので、それなりの装備が必要だ。
また、早春でないと草木が繁茂する道なので、見通しが悪い可能性が高い。



明神沢の滝、厳冬
流れが変わったがわの滝。
より登山道寄りに流れが変わっている。
ことさら寒いこの年の1月末でこの状態。
たぶん、凍らない滝だろう。



早春の滝のレポでは、こちらに水流があった。
斜めの岩盤は雪に埋もれて、
つららが重なっている。


こちらが位置関係。
本来なら手前のつららの部分に滝がある。
上まで登って水流の変わった原因を追究していないが、
きっと積雪のためだろうなぁ。



色の綺麗な小鳥もいた。
2012/1/29  明神沢の滝、厳冬   新潟市
と、いうことで、翌年の厳冬期に明神沢に行ってみた。
この冬はとても寒くて、この時期であればきっと凍っていると思ったのである。
もちろん、登山道の入り口まで自動車は入れないので、田ノ浦の駐車場に駐車。そこから徒歩である。
積雪は、例年よりも多くて、15センチほど。海岸なので、ここまで積雪しているのは本当に多いほうだ。歩き出して、閉鎖されているらしいレストランまで行き着くと、そこから先は本当に踏み跡だけになった。
しかし、幸いなことに、スノーシューで歩いた人がいるらしい。踏み跡は比較的広くしっかりとしている。まったくまっさらな雪の上を歩くよりも格段に楽である。
15分ほどかけて林道から登山道に入る場所まで来た。自動車ならあっという間なのになぁ。
    
スノーシューの人は弥彦山を目指すらしく、登山道のほうまで踏み跡が続いている。ありがたい。
雪のある時でなければ沢まで下りて、宝川の滝(仮)を見るのであるが、雪の中なのでやめておいた。上から見ると積雪でほとんど見えない。
  ほんの滝つぼしか見えない宝川の滝(仮)。

  倒木と雪を乗り越える。
登山道の入り口から20分ほどで堰堤に到着。
堰堤を越えると、積雪がドっと増えた感じがする。
  あっという間に積雪は20センチ以上。
スノーシューの人はまだまだ頑張って先に進んでいるので、我々は楽をさせてもらっている。しかし、堰堤から先はけっこう厳しい箇所もある登山道なので、スノーシューでどうやって登るのかしらん。と、心配したが、本当に頑張って岩を乗り越え、沢を渡って進んでいる。スパイク付き長靴の我々はその跡を追えばいいので本当に楽だ。
それにつけても、この登山道、やたらに獣の足跡が多い。
我々は冬の滝を見るために雪の上を歩くことを何回かしているのだが、これほど足跡の多い場所ははじめてだ。うさぎとおぼしき足跡がそれこそ無数にあちこちを駆け巡っている。なんとも豊かな感じのする風景だ。
堰堤から25分。いよいよ明神沢の滝が見えてきた。
あれれ、なんか違うぞ。
おや〜?流れが変わっているじゃないか。
期待している凍った姿ではなく、しかも、向かって左側のほうに流れが変わっている。
あの斜めに走っている岩盤はつららになっていて、雪が被さってちっとも目立たない。そこに水流はなく、左側に流れが変わっていた。その流れも、凍るでもなく雪の下でさらさら流れているし。
うーむ、この厳冬期にこれだけ流れがあるってことは、ここは氷瀑にはならないな。
滝は登山道からは少し離れた場所にあるので、滝を撮影するにはスノーシューの踏み跡から離れる必要がある。
仕方がない、雪のなかに身を投じる感じで踏み出して、滝前に行った。いや、ダンナだけがんばった。私は登山道から「気をつけてね〜」と見送っただけである。
ダンナが滝を撮影している間、スノーシューの人が明神沢の滝を巻く鎖場をどうやって行ったのか跡を追ってみたが、ほぼ壁の登りをスノーシューのままよじ登ってました。すごいです。
ちょっと残念だったが、確認はできた。
明神沢の滝は、凍りません。が、運がよければ冬の姿を見ることができる。
雪の中を歩きたい方、獣の足跡を見たい方にはオススメスポットかもしれない。

交通
冬の間は、林道は除雪しないので、田ノ浦海岸の駐車場に駐車。そこから徒歩で登って行く。
駐車場から条件がよい場合で(踏み跡が明確にある場合)1時間ちょっとで明神沢の滝に着く。
出発点は海岸なので、積雪はそれほどではないが、途中からかなり多くなるので注意が必要だ。



明神沢の滝、早春
現在の水流。
うーむ、珍しくもなんともない。



で、今まで落ちていた岩盤が右側。
一緒に撮影するとこんなもん。
うーむ、うーむ、右の岩盤に落ちていた時のほうが
綺麗だったのに〜。


かなり下流からも滝がよく見えるようになった。
と、いうことは、実はこちらの流れが
本来の流れだったのかも?




こちらは、明神沢の滝の向かい側の沢の滝。
むしろこっちのほうが立派に見える。




おまけですが、宝川渓谷のおそらく一番下流の滝。
駐車スペースから遊歩道に入ってすぐに
この滝が落ちている。
落差はないが、壺が広い。
今までは下草や雑木でよく見えなかった。
2015/3/8  明神沢の滝、早春2   新潟市
関東の方が雪割草と登山をかねて弥彦山に明神沢コースから登りたい、ということを聞いて、下見がてら登山予定の1週間前に行ってみることにした。
例年であれば、まだまだ雪割草には早いのだが、2015年は平地ではまったく雪が積もらずに春もかなり早めに訪れていたので、けっこう咲いているだろうと予想していた。
2011年の早春のレポを見ていただけば分かるのだが、実はあの凍った明神沢の滝は3月19日のものである。それより10日も早いのだが、今年はずっと暖かだった。

  ナニワズ。  ネコノメソウ。
  
  ちっちゃいユキワリソウ。咲き始めがたくさんありました。

  おお、カタクリまでもうつぼみだ。

宝川の滝(仮)もなんだか周りの苔の緑が濃い。今回は左岸から登ったので、土管から出る上段もよく見えた。
    

  

堰堤を超えると、期待していた雪割草もまだ咲き始めではあるがチラホラと見られ、いくらなんでも早いだろうというカタクリまで蕾の状態だった。きっとこの週のうちに咲いてしまうだろう。今年は本当に春が早い。
しばらくすると、上流のほうに滝が見えた。明神沢の滝ではあるが、あれ、あの滝ってば、こんなに下流から見えたっけか、というくらいよく見える。
近づくにつれ、げっと声を上げてしまった。
完全に流れが変わってしまっている。
実は、我々、2012年の厳冬に行って流れが変わっているのを確認しているはずなのに、すっかり忘れてしまっていた。と、いうより、厳冬期には右側の斜めの層になっている岩盤にも氷がついていて、わずかでも流れがあるんじゃないか、という感じだったのだか、今回見てみて、完全に右側の流れは無くなっているのが分かった。
うわ〜、つまんね〜。あの斜めの岩盤に沿って流れる水流が綺麗でなかなか珍しい滝だったというのに。これでは登山道わきの沢の流れでしかないではないか。
上流がどうなっているのか気になって登山道を登ってみたが、新しい鎖がとりつけられているものの、古い鎖が岩盤ごと落ちて滝の途中にぶら下がっているありさまなので、登るのをやめた。
たぶん、土砂かなにかが水流を変えたのだろう。
この宝川、注意深く見ていると、常に落石や崩落があることが分かる。こんなふうに流れが変わるのもよくあることなのかもしれない。
その宝川沿いの登山道は、気楽な山のような弥彦山の登山道とはいえ、とても危険を含んだ道なのだ。
    
  分かりづらいですが、滝を巻く登山道の様子。鎖は新しい。右は古い鎖がぶら下がっている様子なんだけど。

そんなこんなで、明神沢の滝が普通の登山道わきの滝になってしまったことをご報告します。しくしく。


新潟の滝もくじ  ときどき週末温泉族になる  んがお工房の日本百名滝めぐり  掲示板